エンブレム
〒182-0024
東京都調布市布田 2-17-2
TEL・FAX:042-487-0901
Email:alps-hi@nifty.com

聞こえの仕組み


聴覚は 外耳、中耳、内耳(聴神経系も含む)の三つに分類されます。
中耳は口と繋がっており、菌によって炎症を起こしやすい部位ですが、治療や手術によって快復できます。難聴があっても音を大きくすれば良く聞こえます。
内耳は迷路ともいい、機能の低下快復には効果的な方法は多くはありません。
最も簡単で経済的な方法は補聴器の使用です。

耳の聞こえのしくみと難聴の説明図


  ■ 聴力図の見方

   横軸は周波数、右から左へ (低い音:ドンドン ~ 高い音:キーン)
   縦軸は音の強さ,上から下に強くなる (0~25までに聞こえれば正常)

   ”○”が右耳の気導聴力(耳からヘッドフォンで音を聞く)、”×”が左耳。
   ”[ ” が右の骨導聴力(蝸牛を直接振動で音を伝える)、 ” ]” が左。

聴力図アルプス補聴器 聴力図(1) 聴力図アルプス補聴器 聴力図(2)
内耳(蝸牛)は正常(20までで聞こえている)。中耳に伝音ロスがある聴力図です。
手術か音さえ大きくすれば言葉もハッキリと良く聞こえます。
加齢による難聴で中耳は問題なく内耳が反応しにくくなっています。
言葉もハッキリしないので補聴器で慎重に調整すると共に、周囲の環境も聞きやすくする必要があります。

ページのトップへ