補聴器購入の注意点


   補聴器購入の注意点(事前に情報を集めておきましょう)

 
  @   一人では相談に行かずに、家族や補聴器経験のあるお友達と行く
   主導権をこちらが持ち、販売店の言いなりにならないように。
 
 
  A   使用者が遠隔地にいる人へのプレゼントはしない
   ご本人がいないと調整できないので使えません。
 
 
  B   できれば自宅から近いお店を2店は探す、出張の可能性も考慮。
   継続的メンテナンスと、調整のためにいつでも行ける所がよい。
 
 
  C   複数のメーカーを扱っているお店
   価格・デザイン・聞き比べして多くの中から選べます。
 
 
  D   購入前に試聴と貸出しをしてくれるお店
   直ぐには買い換えられない(耐用年数は約5年)ので納得して購入。
 
 
  E   予算に合わせて性能の違いを説明してくれるお店
   高価なものほど性能は良いが、早く使い始めた方が良いのです。
 
 
  F   聴力測定時に気導・骨導聴力と言葉の明瞭度を測るお店
   補聴器装用時の目標と限界がわかります。骨導が良ければ安価でも可。
 
 
  G   メーカー技術者が対応・予約制などと謳っているお店は薦めない
   自店に調整の技術者がいないということなので、購入後が心配です。
 
 
  H   よく勉強していて、何でも質問によく答えてくれるお店
   補聴器は日進月歩です、新製品や医学の知識は調整に必須です。

 
 
   購入時の確認事項(相談後に勉強して準備しておきましょう)

  
 
  @   性能・価格が希望にあっているか (希望を言う)
 
 
   A   形状が希望にあっているか
   (高齢初心者には耳穴型が楽ですが少し高価になります)
 
 
   B   出力に余裕があるか (聴力低下を考えて +7〜10デシベル以上)
 
 
   C   耳かけ型にはイヤモールドが必需品 (聞こえがよく、安定します)
 
 
   D   片耳か両耳か (両耳が基本、片耳なら左右どちらか)
 
 
   E   取扱説明、装用指導を本人が出来るまでしてくれたか(不安を失くす)
 
 
   F   調整を嫌がらずにやってくれるか (定期的に調整は必要)
 
 
   G   サービスがあるか (両耳割引・乾燥ケース・電池の無償提供など)
 
 
   H   保証期間終了前のオーバーホールはした方が得(自分でも管理する)
 


Copyright(C) アルプス補聴器. All rights reserved